四谷の坊主バーに行ってきたので、その様子をご紹介します。以前坊主バンドの花まつりライブの記事を書きましたが、そのメンバーを含め、お坊さんたちが運営しているバーです。

 

 

坊主バーは、たくさんのバーが立ち並ぶ路地にあり、建物の2階にあるのですが、その2階へ上がる壁には仏教へいざなう絵画が。

 

この日は混雑していて、メインのお部屋はいっぱい。階段反対側にある別室に通されました。店内のインテリアも仏教です。

 

 

席につくと一人500円也。
お料理の品数は少ないようです。私たちは食事を済ませていたため、また、周囲に注文したお客さんもいなかったので、現物は見られませんでした。メニューとお通しはこちら。

 

見た目はお線香ですが、その正体は・・・、

素麺です!

揚げた素麺のゴマ風味。地味に後を引くお味でした。

アルコールもすべて仏教にからんだネーミングです。

 

私は一番人気の【極楽浄土】を頼みましたが、色合いがキレイでした。

連れが注文したのは【ミロク菩薩】。

 

中身がわかりずらいですが、麦芽飲料の“ミロ”を元にして、栗のリキュール・ブランデー・牛乳などで作るカクテルなので【ミロク菩薩】で、ユーモアたっぷりですね。

 

飲み物は目安として800円程度。
そのネーミングは【沙羅双樹】【愛欲地獄】【夢幻の如し】など、とてもユニーク。中身の説明書きがあるので、初めてでも選べます。

 

こんなカードも置いてあるので、遊んでみては。

 

春に行った坊主バンド”のボーカルさんは別室の担当でしたが、チラッと姿を見ることが出来ました。相談を受けているようなご様子でした。

バンドで熱唱のお姿はこちら。

 

店内の撮影はもちろんお坊さんの許可を得ています。堅苦しくなくて、声をかけやすいお坊さんばかりです。

最後に、私の席を担当してくれた若いお坊さんを撮らせて貰いました。

カメラを向けるとポーズもバッチリ。イケメンさんでした。

 

料金が気になると思いますので、この日の会計は2人で、

席(参拝料) 500円×2人 = 1000円  ・  ドリンク 800円×2 = 1600円
合計 2600円  でした。

あくまで個人的な感想ですが、お食事は軽く済ませて行った方がいいかも。

 

 

お坊さんに悩みを聴いて欲しい方、いつもとちょっと変わったお店に入ってみたい方は、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

訪れたのは夏ですが、ようやく記事にまとめることが出来ました。